一般建設業許可と特定建設業許可

「一般」「特定」は
下請契約の金額により区別される

一般建設業許可と特定建設業許可の違い
発注者から直接請け負った建設工事について、下請けに出す合計金額が4,000万円以上の場合は「特定建設業許可」が必要です。この金額は業種が「建築一式工事」の場合は6,000万円以上となります。

特定建設業許可が不要な場合

以下の場合は特定建設業許可に該当しません。

発注者から直接請け負った工事でない場合

下請業者が4,000万円以上の建設工事を更に下請業者に発注する場合は「一般建設業許可」で足ります。

自社で大部分を施工して制限内の金額で下請けに出す場合

元請が、4,000万円未満(建築一式の場合は6,000万円未満)で下請けに出すわけなので「一般建設業許可」で大丈夫です。

わからないこと・お悩みは、いつでもご相談ください

行政書士事務所ネクストライフは、建設業許可、更新、事業年度終了届等を中心にお客様のご相談にいろいろなご提案・ご案内をしております。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ
電話:043-483-8911
携帯:080-4665-8911

午前9時から夜の10時まで
千葉県佐倉市宮前3-3-1(即日ご対応も可能です)

・対象エリアは千葉県・茨城県・東京都・神奈川県・埼玉県・群馬県・栃木県です
・お急ぎの方はご連絡当日にお伺い・業務開始致します

解体工事業の業種追加について
ご存知でしょうか?

平成28年6月より「解体工事業の業種追加」がスタートします。千葉県船橋市で今まで解体工事業を行ってきた建設業者様は制度をご確認いただき「いつ解体工事業の許可が必要なのか」ご準備ください。もちろん行政書士事務所 Next Life は平成28年6月以降の解体工事業の手続きを迅速サポートできますし、どうすることが良いのかご提案もできます。